歯科医師

歯科医師 募集

さくら歯科 メンバー 平成29年三重県四日市市のさくら歯科では、患者様のためになる治療をしたい、と考えている歯科医師(常勤又は土曜専門非常勤)を 募集しています。

・開業はしたいが、5年以上かけて歯周病治療や非抜歯矯正を勉強したい方。
・開業予定がないので、長期間勤務したい方。
・子育て中で、将来的な院長候補者として。
・真面目に治療するための歯科医院経営ノウハウについて、勉強したい方
・病院勤務で仕事のない土曜日にアルバイトをしたい方。

を募集しています。
当院は、午後や土曜日に小児患者(大半が矯正)が多いので、 女医さん大歓迎です。

Ⅰ. さくら歯科の特徴

熊谷崇先生とさくら歯科スタッフ勉強・研鑽目的の歯科医師の方 には、セミナー・講習会・学会等への参加を支援します。
右写真は、山形県酒田市の日吉歯科診療所での、当院スタッフと熊谷崇先生との 記念撮影。

臨床は、大学で習ったとおり治療 しても思うような結果が得られないことが多いことに、すでに臨床経験をお持ちの歯科医師の方は気づき始めていると思います。
患者様に喜んで戴くには、 エビデンスの勉強はもちろんのこと、エビデンスのない事も積極的に勉強する必要があります。

さくら歯科院長が長年積み上げてきた臨床経験を参考にしていただきながら、ご自身のスタイルを築き上げていただくと良いと思います。

1.最大の特徴:歯周病治療と非抜歯小児矯正
(1) 歯周病治療

アクセルソン さくら歯科院長院長は日本歯周病学会の歯周病専門医、日本臨床歯周病学 認定医&歯周インプラント認定医です。

治療は基本的には学会の指針に沿って行いますが、残念ながら歯周病治療はそれだけでは治らない患者さんが数多くおられます。
当院では、指針にはない様々な治療法も取り入れ、なるべく多くの患者様を救えるよう日々研鑽しています。

今井一彰先生とさくら歯科院長患者様に喜んでいただくのが生き甲斐になる、と言う歯科医師の方向きの職場といえます。
インプラントをバンバン打ち込みたい、と言う歯科医師には不向きな医院です。

管理栄養士などによる栄養・健康指導も始めました。
上写真はPMTC創始者、スウェーデンのアクセルソン先生と院長。
右写真は、『あいうべ体操』の発案者、今井一彰医師と院長。

(2) 歯を抜かないMRC矯正

四日市 さくら歯科院長 福岡先生四日市さくら歯科では、マウスピース型装置とMFTで歯列・咬合を治すと同時に、お子様が健康に一生を過ごせるようにするための矯正治療、『MRC矯正』を行っています。
四日市のさくら歯科は、三重県下初の『MRCクリニック』です。

従来のブラケット矯正は呼吸を悪化させる・必ず後戻りするなどの問題が、床矯正には咬合、特に臼歯部の咬合が乱れてしまうという重大な欠点があります。
床矯正は手軽に始められるので、多くの一般開業医が手がけていますが、床矯正単独で良好なかみ合わせに出来るのは、早期に始めたごく一部の症例のみで、多くは矯正しないよりむしろお子様を不幸にしかねません。
従って、まじめな歯科医師は、床矯正をやめてしまうことも多いようです。

さくら歯科院長も一度やめようと考えたことがありますが、何とかしようと考えて試行錯誤を繰り返し、その結果、早期に治療を開始さえすれば臼歯の咬合も良好に出来る、MRCを基本とした独自の方法を開発しました。
そのノウハウを時間をかけてお教えしていきます。
右上写真は、マウスピース型矯正で有名な歯科医師、福岡先生と四日市さくら歯科院長・スタッフ。

2.カリエス・ペリオのみならず、悪い歯並びの予防にも力を入れています

種々の唾液検査・マイナス2歳からのむし歯予防などの予防に取り組んでいます
また、もし興味があれば、当院は健康意識の高い患者様が多いので、自費予防プログラムも実践していただけます。

3.健康意識の高い患者様が多い

丸森英史先生とさくら歯科院長当院には、幅広い地域から患者様が来院されます。それらの方の多くは、健康意識の高い方々です。

午前中は歯周病治療を中心とした、歯を大切にしたい患者さん、午後は歯を抜かない小児矯正の患者様が中心です。
従って、当院は補綴治療が少なく、歯髄や歯を大切にしたい、 と来院される方が大変多いのが特徴です。
四日市さくら歯科では、ドックベストセメントやSWEを用いた歯髄保存療法にもとり組んでいます。

右上写真は、古くから予防に取り組んでおられる、横浜の歯科医師丸森英史先生と、さくら歯科院長。

4.セミナー・学会参加を支援

スウェーデン研修 歯科医師四日市さくら歯科院長は、様々な分野の セミナーや講習会・学会に参加し、その内容を取捨選択しながら現在の診療スタイルを築き上げてきました。
従って、一般的な歯科医師よりも、質の高いセミナーや講習会の情報を持っており、あなたに適したセミナー等を的確に推薦できます。
あなたの貴重な時間をムダにしないように協力します。

もしセミナー等に参加したい場合は、支援させていただきます。
右写真は当院の勤務歯科医師が、スウェーデン研修に行ったときに撮影した、 Dan Ericson教授 とのツーショット写真。

5.その他、様々な治療にも取り組んでいます

小峰一雄先生 三重県さくら歯科院長さくら歯科では、以下の特殊な治療を手がけています。

・ 特殊な義歯(ミラクル、スウィングウェッジ、コーヌスクローネ)
・ ほんだ式口臭治療
・ ドックベストセメント
・ ダイレクトボンディング
・ 栄養療法
・ インプラント(ガイデッドサージェリー)
・ 歯周補綴
・ ホワイトニング

など 幅広い業務に取り組んでいます。
右上写真はドックベストセメントで有名な歯科医師小峰一雄先生と、三重県四日市市さくら歯科院長。

6.歯科医師にとって危険なアマルガムの除去は、安全な方法で行います

「アマルガムは体に悪い」と、アマルガムを見つけたらむやみやたらと除去する歯科医院が多いようですが、患者様や従業員にとって大変危険です。
アマルガム除去で有名な有馬先生と三重県四日市市さくら歯科院長なぜなら、アマルガムを除去するときに、大量の気化した水銀が発生します。この水銀を吸うことにより、スタッフが水銀に汚染されてしまいます。

また、アマルガムの切削分は、患者様の消化管を通り、腸管でメチル化され、有機水銀となります。
これが知らないうちに体内に蓄積し、水銀のみならず他の重金属の蓄積の原因になります。

四日市さくら歯科では、アマルガムの除去は、どうしても必要な場合に行うに留め、しかも室外排気口腔外バキュームにより至近距離で吸引を行うことにより 、歯科医師並びにスタッフの健康管理に注意を払っています。
右上写真は、アマルガム除去で有名な歯科医師有馬先生と、三重県四日市市さくら歯科院長。

Ⅱ.その他・・・

従業員用の駐車場は9台分あります。 近くにお住まいになる場合を除き、車通勤が現実的です。

欧米では歯科医師・医師は非喫煙者であるのが常識です。
自分自身の健康意識が高くなければ、患者さんにアドバイスをするには不適格です。
従って、喫煙者は採用できませんので、あしからずご了承ください。

Ⅲ.給与

あなたがどのような仕事を望まれるか伺った上で、給与を決定します。

勉強したい方の給与は、当初高くありません。 開業資金作りが目的の方には、勉強より治療を優先させていただきます。 詳しくは、面談時に説明させて戴きます。